事業資金借りたい

事業資金借入おすすめ第1位

トップページ > 京都府

緊急の事業資金の借入融資をご検討中の方に!

当サイトでは、京都府にお住まいの事業者の方に、即日審査・スピード融資可能で無担保で借りれる人気のビジネスローンを紹介しています。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい事業資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの事業資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

京都府の方向け事業資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「事業資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業資金借入の基礎知識コラム

キャッシングを使って借りたお金を月ごとに返済しています。

先月、銀行口座に入金することを忘れてしまっていました。
すると、キャッシング業者から電話がかかり、入金がなかったことを確認されました。

あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことをわかっていただけるようお伝えしました。


もちろん自分が悪いんですが、遅延損害金を払うことになってしまいました。キャッシングの返済日は厳守するようにして下さい。

万が一、お金を返せなかったときは、遅延損害金(遅延利息)が発生します。普通、遅延利息金は借入利息よりかなり高い利率が設定されていますし、通常の利息を含んだ返済金と一緒に支払わなければなりません。

長期延滞はもちろん、軽い延滞を何度も繰り返すような状況になると、それ以上の借入ができなくなりますし、強制退会措置をとられてしまうでしょう。
また、場合によっては、全ての未払金を一括請求されることもあるので、返済日は絶対に守るようにしましょう。借金というと眉をひそめる人もいますが、誰でもお金を借りた経験はあるでしょう。

マイカーや不動産購入などは現金よりローンで購入するのが一般的ですし、カードを使ったショッピングの分割払いも借入のうちに入ります。


そして、借入金を返すときには利息分をつけて返すことになります。月々の返済額を低くするために長期で返済する設定にすると利息分が膨らむため、節約のためには期間短縮がカギとなります。

銀行預金と借入金の金利を比べると、銀行のほうがずっと低い(安い)はずです。それなら貯金をするくらいなら繰上げで一括返済したほうが経済的です。

ただ、学資や一部のローンには無利子のものもあるので、いま一度確認してみてください。
最近では、事業資金の借り入れの利便性も高まって、若者を中心に活用する人が増えています。
キャッシングサービスというと、消費者金融系のサービスをイメージする人も多いかもしれません。

しかし、今は、銀行のサービスやクレジットカードのオプションで付いているものもあるので、キャッシングは広く普及しています。逆に、すぐに現金を手に入れることができるので欲に任せたままお金を引き出してしまい、結果的に返済に困窮する人もいます。



返済計画をきちんと立て、あくまで借金であるということを忘れずに、節度をもった利用を心掛けましょう。



事業資金の借り入れは借り換えが自由なのも魅力の一つです。
万一、いい条件で貸してもらえる所があれば、その会社からお金を貸してもらって、前の会社のお金を返せばOKです。
こうして借り換えを利用すれば、もっと都合のよい条件で利用できることもあります。
他人名義でキャッシングに申し込み、お金を借りる行為は犯罪に当たります。もちろん、家族の名前を勝手に使うのも、相手の許可を取ったとしても違法行為であることには変わりません。正直に名前と情報を伝え、それでダメならば、自分は社会的に見て借金できる状態ではないのだと自覚しましょう。
業者はお金の貸し借りのプロです。

そのプロから信用に値しないと判断された為に、審査に落ちるのです。

ご自身に返済能力がないのに他人の名前を使えば、結果的に返済もできず、相手に多大な迷惑をかけることになります。
オリックスはCMでもお馴染みの誰もが聞いたことのある大変有名な会社です。
日本の野球界を代表するイチロー選手がこれまで所属していた世界でも有数のオリックス球団を保有するほどの力のある大きな会社なのです。そんな企業を支える中核ともいえる事業がまさに、金融事業だということを皆さんはご存知でしょうか。普段の生活では欠かせなくなっているクレジットやカードローン、キャッシングといった多くのサービスを展開し、日本国内だけでなく海外でも多く事業を行っている企業です。



利点がたくさんあるカードローンの借り換えの制度ですが、必ずしもメリットばかりとは限りません。金利の高い業者に借り換えてしまったり、返済期間を長く設定してしまったときです。

安い金利にする為に借り換えたのにも関わらず、今の返済期間より長く設けてしまえば、金利が増えてデメリットになってしまいます。

金利ばかりを気にした借り換えでなく色々と調べてからの方がいいですね。
繰り上げてお金を返す制度を利用したら、ATMからクレジットカードで借りたお金の借金する期間を短くしたり、総返済額を劇的に減らすことが可能です。ただ、融資の条件により繰り上げてお金を返すことが出来ない場合やある額以上の金額でない場合は繰り上げ返済ができないこともあるので気を付けましょう。キャッシングはローンと似ていることもあり、混同して同じように使う人もいますが、事実は違います。

キャッシングとローンの違いをお話します。
事業資金の借り入れは自分が借りたお金を次の月の返済日に一括で返します。

ローンは借りたお金を何回かに分けて返していきます。

給料日までのその場しのぎなどに事業資金の借り入れを利用する場合がよくあります。

クレジットカードは、手元にお金がなくてもサインひとつでいろいろな物が買える、夢のようなアイテムですね。


調子に乗って買い物をしすぎた結果、支払日になっても、とても用意できる金額ではなかったので、カードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、もうこれ以上はどうにもならないところまで追い詰められてしまいました。そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、最終的には将来のことを考えて退職だけは回避し、両親を頼ることにしたのです。簡単に右から左へ用意できるような金額でなく、ざっと計算しても5百万円近くになりましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

申し訳なくて涙が出そうですが、何年かかっても返さなければいけませんから、ちゃんとした証書を作成し、けじめをつけたため、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。

京都府の方向け事業資金借入お役立ち情報

事業資金の借入するなら

京都府で事業資金が借りれるのは