事業資金借りたい

事業資金借入おすすめ第1位

トップページ

全国のビジネスローンを徹底比較して、事業資金借りたいときに一番おすすめの融資をご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしで、急ぎで借りれる事業資金用の借入をご希望の事業主の方は必見です。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい事業資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの事業資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

事業資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「事業資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業資金借入の基礎知識コラム

これからキャッシングをするなら堅実さが光る銀行系が良いでしょう。(実はアコムやレイクとかも銀行系です)実質年率が低いので総返済額を抑えることができ、多いところで800万円もの融資枠があることも銀行系ならではの利点です。

資金に余裕のある銀行が後ろ盾になっているので、安心して利用することができます。

デメリットといえば、審査にやや時間がかかることぐらいでしょう。覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのが大事です。ひと手間かけるだけのメリットはあると思いますよ。

過去に、30万円事業資金の借り入れで借入の申し込みをやったのですが、駄目だといわれてしまいました。
考えてみるとたぶん、就職したばかりだということもあり、そこのところが信用されなかったと思うので、原因はそれだと思います。仕方がないから、10万円借りることにし、その金額ならオーケーと言われやっと審査に通りました。事業資金の借り入れ初心者の方は勘違いしがちなのですが、初めてお金を借りようと事業資金の借り入れに申し込んだ人に比べて、以前、事業資金の借り入れで融資を受けた経験のある人の方が評価が高くなります。言うまでもなく、返済の滞納があって事故歴がある場合などは例外です。


初めてキャッシングを利用する方は、債務が全くないわけですが、それはつまり返済歴がないため、きちんと返済できる人物なのか見分けづらいというデメリットがあります。クレジットカードをお持ちの方は、キャッシング機能をご存知だと思いますが、その返済方法は原則、一括返済です。
クレジットカードではオプションとしての印象が強いキャッシングですが、事業資金の借り入れ機能だけのカードもあります。
こうしたものは、一般的にローンカードと呼ばれます。ご自身のクレジットカードにキャッシング機能が付いていない方もいると思いますが、クレジットカードのキャッシング枠の設定はそのクレジット会社が審査をしています。私は個人事業主として数年前から生計を立てています。波のある仕事なので、良い収入が入ってくるときもありますしもちろん、悪い時もあるのが現実です。ディスプレイにヒビが入り、使い辛くなってしまったため、急ぎでパソコンを用意しなければならず、今回は事業資金の借り入れでの購入を検討していますが、過去にローンの審査などをしたことがなく、どんなものか把握できていないのですが、アルバイト、正社員以外でも使えるのでしょうか。

最近では、キャッシングの利便性も高まって、若い人の間では利用している人も珍しくなくなりました。
一般的にキャッシングのイメージが強い消費者金融系以外でも、銀行のサービスやクレジットカードのオプションで付いているものもあるので、キャッシングはもはや、あって当たり前の存在になっています。


ところが、簡単にお金を手に入れられるので、病み付きになってしまい、欲に任せたままお金を引き出してしまい、結果的に返済に困窮する人もよく見かけます。



当然ですが、キャッシングは借金です。


返済義務があることを忘れずに、ご自身の収入ではないことを肝に銘じておきましょう。たくさんあるキャッシングの会社の中には、平日の他、土日でも当日中の融資を行っているところがあります。
しかし、肝心の金融機関は土日は動いていないので、当日中の融資が必要な場合は事業資金の借り入れ会社の無人契約機まで出向くことが必要になってきます。
土日でもしっかり即日融資に対応してくれるキャッシング業者を見つけること、営業時間内に無人契約機まで出向けるようになるべく早い時間に申し込みを済ませるのが大切なことなのです。
急な融資が必要になった時、親族や知人から事業資金借りたいと思う人もいるでしょう。



ですが、普通は何に使うのか、詳しく答える必要があるでしょう。


何も聞かず、快く融資してくれる人もいるかもしれません。しかし、まずありえないことです。なおかつ、お金を借りた後どのように振舞うかで、それまでの人間関係が壊れてしまうケースもあります。

こうしたリスクを回避し、身近な人に頼りたくない、頼れないという時には、自己責任だと割り切ってキャッシングを利用しましょう。

事業資金の借り入れやカードローンというのは近頃では、ユーザーにとって非常に使いやすいものになってきています。


もっとも顕著なのは、インターネットだけで簡単に申込・審査・融資の一連の手続きが終わることだと思います。

比較的小額の融資の場合、免許証か、その他の本人確認書類さえあれば写メやスキャナを利用して簡単に契約でき、手続きが済んだら銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。



でも銀行にすれば、コンビニに設置されている銀行ATM等でお金を受け取れるので便利です。
貸金業者からの事業資金の借り入れや、ローンとは他の大型のローン内容などとは違って少々のお金を貸し付けしてもらうという状態のことを指します。
一般的に考えると、お金を借りることになったのならば現金の代わりになるものや、支払ってくれる人を準備します。

但し、キャッシングの場合には金額も少ないですからあえて特別な保証をあらかじめ用意しておく時間や手間はかからないので安心してください。



免許証やパスポートなど本人確認が可能な書類だけで、申し込みから融資まで受け付けてもらえます。
キャッシングで借りたお金を返した後、手持ちのカードはどうするのがベストなのでしょうか。

中には、カードがあるとすぐに借り入れてしまうということで、解約を考えているという人もいると思います。

実際に解約する場合の手続きは簡単で、ただ電話をかけて解約の手続きを申し込むだけです。その後、指示通りにハサミでカードを切って使えないようにすれば、解約できます。解約のタイミングは任意ですが、解約後に再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。



解約にもリスクがあることを覚えておきましょう。

事業資金借入お役立ち情報

事業資金の借入するなら

事業資金が借りれるのは