事業資金借りたい

事業資金借入おすすめ第1位

トップページ

全国のビジネスローンを徹底比較して、事業資金借りたいときに一番おすすめの融資をご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしで、急ぎで借りれる事業資金用の借入をご希望の事業主の方は必見です。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい事業資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの事業資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

事業資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「事業資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業資金借入の基礎知識コラム

借入は総量規制によって、借入可能な額は制限されています。



借金があるかどうかによっても変わりますから、できたら借入を減らしてから、申し入れてください。
借りられるのは年収の3分の1までだということは頭に置いておいてほしいです。



お金がピンチでキャッシングをする際に、この頃では多彩な返済方法から選ぶことが出来たり、利息計算も簡単だったり以前に比べますと利用する際のハードルが下がってきました。色々な方法から申し込むことが出来るようになっており、ウェブページやアプリから申し込めば来店する必要もありません。
利用するキャッシング業者によっては、勤務先の会社に実際に在籍しているかどうかの確認をしない所もあるのです。

それならば同僚や上司などに気付かれることなく現金を手にすることが出来ますので、バレたらどうしよう…という心配はなくなります。



買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、引き落とし前日になって引き落とし不能を回避する方法を考えあぐねて、仕方なく、使うつもりのなかったキャッシングにまで手を出してしまって、もうこれ以上はどうにもならないところまで追い詰められてしまいました。

そのまま勤め続けていてもお金の問題は解決しないので一旦会社を辞め、退職金で返すしかないと覚悟を決めたのですが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。


積もり積もって5百万円にもなっていましたが家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。きちんとした借用書を作成して、確実に返していくことを両親に約束し、返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。


親というのはありがたいものですね。


さて、実際にカードローンを組んだ場合に気にかかるのが、カードローン会社が設定している金利ですよね。

TVなんかを見ていると放送されているカードローン会社のCMは一つではありませんし、そこに表示されている金利は、各社がそれぞれ異なった金利が表示していますよね。設定された金利が高い程、返済時に高い利息を払う必要もあるのです。

ですので、金利を比較した上で、ローンを組むというのが良い方法ではないでしょうか。キャッシングは、ニートのような人でも利用できるというほど容易ではありません。
ニートには収入が見込めないのでキャッシングに必要となる基準に達していません。自分で収入を得ることができなければならないので、ニートは事業資金の借り入れでお金を借りられる人ではないということになります。



キャッシングはクレジットカードに付帯されているものを用いて借り入れをおこないますと新たに申し込みをせずに済むため重宝します。


きちんとカードが発行されて受け取りが完了しますと融資を受けるという利用をする場合の審査に関しても特に何の支障もなく済ませてあるわけなので、決められている借り入れ限度額の上限までならばいつでもどこでも簡単に引き出しが出来るATMなどを使って面倒な段階を踏まずにとってもスピーディーにキャッシングをすることもOKですから困ったときに頼りになります。


お金の返済のやり方については、それぞれの業者で決まっています。

大半は、指定口座へATMから振込むやり方と、あるいは、銀行口座から引き落とす二つの方法に分けられます。



返し方はどちらでも構いません。


とは言え、全ての業者で選択できる訳でなく、引き落としもどこの銀行でもいい訳でないこともありますので、使いやすい方法を提示している業者を選びましょう。
お金を借りる必要があって、初めてなのでどこが良いか探していたら、一括審査というのを知りました。

保険の一括見積もりと同様の仕組みです。カードローンを借りた経験がないので、正直言って比較するのも大変でした。
それに、もしどこかの会社に決めてカードローンの申し込みをして、落ちてしまったら、また次の会社を見つけて、一からやり直しで時間も手間もかかるのだと思い、期日も迫っていたので時間的な不安を感じていました。
一括で審査できるのなら会社探しに迷うことはありません。



カード会社も一括サイトに掲載される以上、そこでの集客目標があるでしょうから、審査に通りやすかったり、キャンペーンがあったりと差別化を図っているはずです。



キャッシングとは無制限に借りられるって考えている人が多いみたいですが、よくよくみてみるとそれはちょっと違います。

キャッシングには事業資金の借り入れ枠が設定されており、その限度額内においてのみお金を借りるのは可能でないので、気をつけてください。


キャッシングといえども、色々な分類の事業資金の借り入れ方法があります。その内の1つの定額払いとは、各月あらかじめ決めておいたその額を返済していく形式です。
返すプランを立てやすい反面、金利が高くついたり、返済終了までに時間がなくてはならないというデメリットもあるのです。無事に事業資金の借り入れを完済した後、業者との契約はどうすればいいのでしょうか。



そのまま契約を続ける人もいれば、借金したくないという理由で契約を解消しようとしている方もいると思います。実際に解約する場合の手続きは簡単で、ただ電話をかけて解約の手続きを申し込むだけです。

その後、物理的にカードを使えなくすれば終わります。


解約のタイミングは任意ですが、解約後に再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。


いざという時に備えて契約を続けるか、安易に借り入れないために解約するか。どちらが都合が良いのか、ご自身の性格や環境を踏まえて選択しましょう。

事業資金借入お役立ち情報

事業資金の借入するなら

事業資金が借りれるのは