事業資金借りたい

事業資金借入おすすめ第1位

トップページ

全国のビジネスローンを徹底比較して、事業資金借りたいときに一番おすすめの融資をご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしで、急ぎで借りれる事業資金用の借入をご希望の事業主の方は必見です。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい事業資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの事業資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

事業資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「事業資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業資金借入の基礎知識コラム

普通は事業資金の借り入れを利用したら、返済日までに必ずキャッシングした分と利息を合わせて支払わなければならない決まりになっています。

もし一度でも支払いが遅れてしまうと、金融業者から残った金額を全額一括で返すように、場合によっては請求されることもあります。なのでお金を準備するのが難しく、返済することが出来ない場合には、前もって業者に連絡するようにしましょう。

そうした連絡をしっかりとしておけば、いきなり督促がくることもなく、いつまでにいくら支払えば良いかといった具体的な相談も可能になるでしょう。
キャッシングの金利は借りている日数分だけ利子がかかってくる日割り計算ですから、借入金を早く返済できれば、かかる利子も少なくなります。

ですから、仮に定期的にキャッシングでお金を借りるとしても、すぐに返済すればほとんど利息が付かないので、借入金とほぼ同じ金額を返せば済みます。最大限、借入期間を伸ばさないことがキャッシングを便利に使うための要点だと言えるでしょう。そのため、次の収入までのつなぎ資金としてキャッシングを利用するのが賢い活用方法だと言えます。無職だとキャッシングの申し込みをしても審査に通らないと思われがちですが、実際はさほど困難ではありません。オークションやアフィリエイトで収入を得ていれば自営業になりますし、その間の経歴を「フリーター」と書けば本当の無職の人は少ないものです。しかし、今までの事業資金の借り入れ件数が多かったり、全ての借り入れを合わせた金額が多すぎる人、在宅確認ができなかった人などは借り入れが難しいので、申し込みする前に、新規キャッシングができるかどうかよく考えてください。
突然の出来事として急な出費が立て続けに起こり、ある程度まとまった現金がなるべく早く必要になり、必要額をキャッシングをして凌ぎたいと考えた場合、適切なローンを取り扱うキャッシングサービスはどこか色々と迷うこともあるでしょう。
そんな時に役立つ方法として、ネットに載っている実際に使用したことがある人の口コミを参考にして人気がある事業資金の借り入れカードを探して選ぶのも良いと思います。契約社員であっても収入が定期的にあれば、借入が可能です。
その審査で最も重視されるのは、契約社員として働いた期間です。
何度も勤務先が変わっていたとしても、派遣元の会社に在籍している期間が長ければ差し支えありません。もし社会保険証の発行をしてるならそれを出すだけで、提出しないケースよりも審査が有利になります。事業資金の借り入れをどう使うかで大変役に立ちます。しかしながら、キャッシングを行うには、クレジット会社による審査を通過する必要があります。この審査で落ちた人は、これまでに3か月間以上、返済がおろそかになったりしてクレジットカードが強制的に解除したことがある、いわゆるブラックリスト入りしてしまった人です。日常の中で気を付けていたとしても、突然の事故やトラブルでお金が必要になることは誰にでも起こり得ることです。


このようなトラブルの際には、キャッシングサービスで融資を受けると良いでしょう。



必要なものは免許証などの本人確認できるもので、これらのコピーと必要書類を用意して申し込み、審査に合格すると、業者にもよりますが、午前中に申し込んでいれば当日中に事業資金の借り入れが利用できます。さらに、大手消費者金融のサービスを利用した場合、生活圏のコンビニに設置されているATMや大手銀行のATMからでも手続きが可能です。
多くのATMが24時間対応ですので、思い立った時に利用できますし、ATMを操作していても事業資金の借り入れを利用しているとは思われないので、借金を知られたくない人には最適です。

「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それは「有印私文書偽造罪」に相当します。



ただ、審査中に発覚したとしても会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、実害があれば被害届が出されるでしょうし、虚偽でお金を借りることがまかり通るなんて無茶もいいところです。



通るはずの審査なのに落とされるかもしれないですよ?第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。
返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。

リスクがあります。



はっきり言ってワリに合わないはずです。
事業資金の借り入れとカードローンは違いがわかりにくいですが、ちょっとだけ違います。



どのように異なるかというと返済の仕方が違うのです。事業資金の借り入れの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入した後、翌月一括返済ということになりますが、カードローンですと、分割で返済しなければなりませんので、こちらには利子がついてしまうでしょう。キャッシングやカードローンの契約はスピード&スマート化が進んでいます。

最新のものでは、借入に係るすべての手続きがインターネットだけで出来てしまうWEB完結というサービスが、複数の会社から提供されており、早ければ数分で口座に入金というのが普通という感じです。

提出する書類があれば、写真に撮ったりスキャナでスキャンしたものをアップロードするか、メールに画像添付するといった方法は各社共通のようです。

今、キャッシングサービスは数多くのものがありますから、どこを選んだらよいのか悩んでしまう方も多いでしょう。ネットの評判などを参考にして契約するキャッシング業者を選ぶのも、間違いではありません。

何といっても、実際にそのサービスを利用していたり、過去に利用していた経験者の口コミですから、一度は確認していただきたいです。
しかし、いくら口コミの評判が良くても、人それぞれの条件や環境の違いがありますので、その通りになるわけではないことを意識しておきましょう。気になる点が出てきたら、自分自身で確認してください。たとえ契約者でなくても丁寧に回答してくれますし、スタッフの対応も分かるので、疑問点は契約前に積極的に解消しておきましょう。



事業資金借入お役立ち情報

事業資金の借入するなら

事業資金が借りれるのは