事業資金借りたい

事業資金借入おすすめ第1位

トップページ

全国のビジネスローンを徹底比較して、事業資金借りたいときに一番おすすめの融資をご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしで、急ぎで借りれる事業資金用の借入をご希望の事業主の方は必見です。

まず最初に、緊急で借りれる借入先を比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で活用しやすい事業資金借入サービスとなっています。

「手持ち資金の残りが心許ない!」

「つなぎであと少し資金が必要!」

「支払期日が迫っている!」

というビジネスの窮地にしっかりと対応してくれます。

「他の銀行や信用金庫に融資を断られた」という方でもひとまず申し込みしてみることで融資可能かどうか審査してくれます。

保証人なしで担保もいらない上に、無利息キャンペーンなども行われていますのでぜひチェックして下さい。

借入限度額に関しても50万円~500万円までと大きく、申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業者に選ばれている理由です。

\審査に自信がない方におすすめ/
今選ばれているビジネスローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

事業資金借入まとめ

結論!全国で無数にあるビジネスローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。急ぎの事業資金借入を検討している方はココに決めて正解です。

事業資金借入Q&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「事業資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる事業資金借入ですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。事業資金借入どこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。事業資金借入業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.事業資金借入申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.事業資金の借入で即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる事業資金借入や事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の事業資金借入業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の事業資金借入で、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

事業資金借入の基礎知識コラム

たくさんの事業資金の借り入れ会社がサービスを展開していますがセゾンは特にお勧めしたいと感じます。


セゾンは大手の会社であるから安心して申し込めます。
インターネットで申し込みをすれば借入れ金の振り込みも早いですから何よりもオススメだとされています。
収入のないニートがお金を必要とすることは生きている以上当然のことですが、借金に関しては、周りから見れば首を傾げざるを得ません。どこの誰がお金を貸してくれるというのか、疑問ですが、きちんとした会社、例えば銀行や金融会社などの専門のところでは、貸してくれるどころか、ニートに貸すお金などないと追い払われるのがおちです。


でも、お金を貸すことのとらえ方は人によりけりです。



家族や親族などの中で、ニートではあっても借金に応じてくれるかもしれません。
結局返せないような事態が起こるとしても、本人たちさえ納得していれば、身内の中での問題であり、何も口出しすることはありはしません。
商売でないなら損得だけを考えなくてもいいのですから。

既に事業資金の借り入れ業者と契約していて他の業者に契約の申込をした場合、これまでの債務状況から審査で落とされる可能性があります。

借入が増えるほど新たな業者と契約できる確率は下がっていきます。おそらく、総量規制(借入金額の合計が年収の3分の1までとされること)に引っ掛かったことが要因ですが、それ以外にも、契約した業者が多ければ多いほど、期日までに返済できない可能性があると思われてしまうようです。
クレカを利用して、借金することを事業資金の借り入れと呼んでいます。キャッシングの返済の方法は基本的に翌月一括返済の場合が多々あります。
一括返済ならば、無利息のことがほとんどですし、急にお金が必要になっても対応が可能ですから、うまく利用している人が増加しています。

キャッシングとカードローンは似た感じでATMで借りることができるので異なる部分が見つけにくいですが、返済方法に違いがあるのです。。



キャッシングの大多数が一括払いで、分割払いがカードローンの基本でしょう。ですが、ここの所キャッシングでも分割やリボ払いの利用ができるところもありますので、確かな境界線が徐々に失われてきています。
お金の返済手段については一律ではなく、その業者ごとに違います。


多くは、指定されている口座へ振込むか、銀行の口座から引き落とす、二種類です。返済の方法をどちらにするかはこちらで指定できるでしょう。
しかし、そのうちの一つだけに限られていたり、引き落とす銀行も指定されてることもあるので、広い選択肢のある返済方法の業者を選ぶのがいいでしょう。事業資金の借り入れはそれぞれの会社でサービス内容にはさまざまな種類のものがあるためもっともお得と思われる会社を選ぶのがベストでしょう。具体的には、ある決められた期間の金利を考えた時にサービスによっては無料になる場合があります。



特に借入額が大きいときなんかは金額が膨れ上がることもあるのですから、キャッシング会社が決められないというときには考慮してみてもよいかもしれません。連休に友達と旅行へ行った時ふとした時に財布を見ると少ない金額しかなく、困った経験があります。
金融機関は休日でやっていないし、どこかでお金を借りれるか?と、とても不安に思っていましたが、休日でも何の問題もなく、現金の借入ができました。それまでは事業資金の借り入れが休日でも利用可能とは全く頭の中でも想像していなかったので、借入が平日と同じように1日中可能なことが判明してとても良いサービスだな。

と思いました。
よく耳にする事業資金の借り入れという言葉は、貸金業者から生活費ぐらいのごく少ない金額に関する融資を受けるという意味合いを持っているのです。
まず考えつくのが、融資をしてもらいたいとなれば、連帯保証人を用意したり、所有する自宅や土地を担保にしなくてはなりません。
ここで注目したいのが、事業資金の借り入れであればどうしても返済に困ったときに使う最後の切り札と言えるようなものを整えることなく利用できるという性質を持っているのです。ご自分の身分を示すことが出来る内容の資料を持っていれば、余程のことがない限りは貸し付けをしてもらえます。


与り知らぬ所で膨らんでしまった借金を返せず、姉が債務整理をすることになりました。
信じられないような話ですが、うっかり怪しいメールの誘いに乗ってしまい、大きな借金を背負わされ、金融会社への返済義務が生じてしまったのです。精神的にもろいところのある姉は、処方薬で症状を抑えている状態です。普段はニコニコして人の言うことを聞いていますが、ちょっとおかしい時もあり、その症状は一定していません。メールの相手に騙されているとは夢にも思っていないため貸す側も問題なく貸したと言うことでしょう。
巧妙な詐欺被害にあわないよう、日ごろから十分注意を払いたいものですね。



キャッシングしたお金は期日までに返さなければいけません。一括なら一手間ですが、分割だと何ヶ月かそれが続きます。面倒だなと思ったら、近くのコンビニATMで返しましょう。



忙しい人やうっかりさんにはとても便利ですね。

仕事を抜けて銀行や金融ATMまで行く手間も不要です。



出張や旅行先などで遠方にいるときでも大丈夫。
よく知っているコンビニのほとんどで返済が可能なので、安心してください。コンビニの最大の利点は24時間営業です。


これなら返済日に気づいて街を彷徨わなくて済むので便利です。



事業資金借入お役立ち情報

事業資金の借入するなら

事業資金が借りれるのは